テラピーク、Alibaba.comとのコラボレーションでオンライン小売業者による商品の仕入れが可能に

データ統合によってテラピークユーザーは人気商品を分析しAlibaba.comから仕入れ可能

【トロント(カナダ)2015年7月22日】– テラピークとグローバルな卸売の主要プラットフォームであるAlibaba.comは15日、両社が提携し、オンライン小売業者が世界中の供給者からの在庫調達を支援することを発表した。テラピークユーザーは、Alibaba.comの3,000万ものトレンド製品を表示、検索、フィルターすることが可能になる。このデータ統合によって仕入れと販売分析の両方に直接アクセスできることになり、小売業者のeBay、Amazon、その他のチャンネルでの販売を支援する。

テラピークは市場分析の主要供給者で、eBayおよびAmazonのビジネスで需要と供給の機会を評価し販売の最適化を支援する。260万人を超えるユーザーが、オンライン市場のナビゲートそしてビジネス発展のためにテラピークを使っている。テラピークは、ユーザーが販売する新製品を見つけ、利益率を上げ、競争力を伸ばすための仕入れ調達機能を提供することになる。

グローバルな卸売の主要プラットフォームであるAlibaba.comは、大多数のテラピークユーザーの在庫仕入れ先である。Alibaba Group (NYSE:BABA)が所有するこのプラットフォームは、総商品量(GMV)で世界最大のオンラインおよびモバイルコマース会社だ。テラピークとAlibabaの今回のコラボレーションは、オンラインマーチェントのビジネス成長を願う両社の努力が実を結んだもの。   

テラピークにログインすると「在庫を仕入れる」という新しいボタンが追加されたことに気が付くだろう。この機能によって、Alibaba.comの商品の検索可能なリストにアクセスできる。提供者の商品とテラピークの市場リサーチ機能による価格情報を合わせて、小売業者は「この商品を幾らで売ることができるのか?」「一月の間にどれだけの量を販売できるか?」「この商品のライバルはどれだけいるのか?」といった質問の答えを見つけることができる。 

「テラピークとの今回のパートナーシップによって、Alibaba.comで仕入れを調達するユーザーを共有し、ユーザーが仕入れのニーズとビジネスの決断をするために必要な情報を提供するデータ駆動の洞察を得ることになる。」とAlibaba.comの国際事業開発およびマーケティングディレクターであるマイケル・リー氏は語った。「テラピークの電子商取引業界における成長によって我々の顧客にデータが提供され、購入者と提供者の関係をより透明に、より信頼のおけるものにし、それがグローバル取引の供給連鎖を最終的に効率化するだろう。」 

テラピークのホットリストも仕入れとリサーチのワークフローを統合している。ホットリストを使う売り手は新しい販売機会を見つけた後、Alibaba.comでの仕入れ調達に直接アクセスできる。

テラピークのケビン・ノース最高経営責任者 (CEO)は「テラピークの顧客に、グローバルな仕入れ機会を発見する能力を提供したかった。そしてAlibabaがそれを始める最適な場所だと信じた。」と語った。「世界最大の卸売市場と手を結び、マーチェントが人気商品そして高利益商品を見つけ、eBayやAmazonでより効率的に販売することが可能になった。テラピークの顧客に競争上の優位性を与えることになるはずだ。」

詳しい情報はwww.terapeak.jp を参照。 

Terapeakについて
テラピークは電子商取引における消費者と商品の動向を分析、理解、予測する主要ソースである。テラピークは起業家からフォーチュン500企業におよぶ幅広い顧客に市場情報を提供するため、年間46億以上のトランザクションと700億ドル以上のオンライン消費を分析している。電子商取引のマーチャントはテラピークのオンライン分析プラットフォームを利用、価格設定、ソーシング機会、市場トレンド、各地域の製品動向と競合を評価している。テラピークはeBay、Amazon.com、Yahoo! Japanで市場分析を提供、マーチャントはテラピークのMySales 製品を通じて、複数チャンネルでそれぞれの販売実績を見ることができる。テラピークは2004年創業で、米国本社はカリフォルニア州パロアルトにある。詳しい情報はhttp://www.terapeak.com を参照。